Month 11月

  • FPSが下手な原因を探ってみた

    FPSは格闘ゲームと似ています。読み合いや運もありますが、勝率が高いのはやはりスキルがあるプレイヤーです。ではFPSが上手なプレイヤーと下手なプレイヤーとではどんなところが違うのでしょうか。最初に考えるのが練習量です。たくさんプレイしている方が上達する・・・一見真実を捉えているように思えますが残念ながら間違っています。FPSはMMORPGとは違うのです。経験値がみんな一定のペースで溜まっているわけではありません。学生の部活を思い出してください。毎日頑張っている選手が補欠で、サボりまくりだけどレギュラーな選手なんて構造はどの部活でも見かけました。つまり練習量はあまり関係ありません。

    部活の場合は運動神経やセンスが異なるから上達の速度も変わります。FPSの場合はプレイ環境が異なるから上達に差がでます。FPSはプレイ環境で結果が大きく左右されるゲームです。日本のトッププレイヤーが低スペックなパソコンでプレイして、いつもの同じように動けるでしょうか。動けるわけがありません。トッププレイヤーはFPS用最強ゲーミングPCを使っているから強いのです。逆に下手なプレイヤーのプレイ環境を聞いてみると、なぜか低スペックパソコンを我慢して使っています。上達の条件としてハイスペックなゲーミングPCは絶対に必要です。わざわざ自分を不利な状況に追い込んでプレイしていても楽しくなりません。高性能なゲームPCを買うだけで他の人よりも有利になれるのです。こんな簡単に上達できるゲームが他にあるでしょうか。

    結論としてFPSが下手な原因は低スペックなパソコンを使っていることです。自分自身、新しいゲーミングPCに買い換えることで急激に上達することが出来ました。おすすめはデスクトップです。ノートパソコンでFPSをプレイするのは論外です。ゲーミングPCだけでなく、FPSに適したマウスやキーボードを選ぶこともスキルアップに重要なポイントです。

    continue reading