マウスの設定を変えて、パソコンを快適に

  • パソコンを使うとき、必須になったマウス。意外と設定を調整すると、もっと使い勝手がよくなります。

    例えば、左利きの方。

    マウスのクリック用ボタンは、標準では右利き用になっています。左利きの方は、左手で持った時の人差し指側(つまり右利きとボタンの配置を反対にする)でちゃんとクリックすることができるように設定することができます。これで、「人差し指の下のボタンを押します」という説明も左手で同じように操作できます。

    また、マウスポインタ(いわゆる矢印)が小さいと思ったら、これも変更することができます。標準で特大サイズの矢印が用意されていますので、画面上でどこにいるのか見つけやすくなります。

    大きくするだけでなく、他のキャラクターが動くポインタに変更することもできます。なかなか愛嬌のある動きが、面白いところでもあります。

    さて、設定上もうひとつ考えたいのが、矢印が移動するスピードです。頻繁に画面の端から端まで移動させる作業の時は、少し移動速度を上げると快適になります。また、感覚的に移動スピードが速すぎてうまく矢印を合わせられないときは、速度を少々落とすことで操作性が向上します。

    このように、マウスの操作性は、実は簡単に調整ができるのです。